レジ袋封入で確実な顧客作り

お客さんに不快な思いをさせることもレジ袋にチラシが入っていたとしても、ほぼ無しので安心です。他社チラシも新聞に折り込まれているチラシでは、一緒に含んでいるため、確実に自社のチラシを手にとってもらうことが迚も出来なく、費用対効果は低級といえます。

 

そのレジ袋封入された袋を配布するのはしかもお店のスタッフであるため、情報発信源とそのスタッフがなります。新商品や話題のサービスといったことが書かれている内容のチラシでしたら、折角そのプロモーション効果は絶大なものになることでしょう。

 

同じようなジャンルのチラシが紛れておらず、他社と差別化を一社のみのチラシですので図ることが出来ます。費用対効果の壮大商品の宣伝をチラシ封入戦略を使ったプロモーション活動をすることで、することが可能になります。

 

レジ袋や紙袋などにチラシ封入をして、確実なアプローチをするためには、それをお客さんに直接渡してしまえば、無駄なチラシが一切無くなります。消費者へ確実なアプローチをしてあげることが費用対効果を考えているのでしたら大切です。