レジ袋封入で確実な顧客作り

チラシ封入は街中のティッシュ配りのように受け取ってくれないなんてことは無しので、理想的なプロモーションとなりえます。レジ袋封入でも、もちろん一切読まれること無くすぐに捨てられてしまうこともありますが、誰もがどんな内容のチラシなのかは確認をするかと思います。

 

人目を引くような文字やイラストがチラシの中に書かれていれば、すぐに捨てられてしまったとしても、消費者の頭の中へその商品の本質的なところを直接インプットさせることが出来るのがレジ袋封入のメリットといえます。チラシをもし効率的に配布したいと考えているのでしたら、直接消費者に対してレジ袋封入で手渡しする方法が一等効果的です。

 

消費者に商品チラシを配布する方法として、新聞の折込広告が一般的でしたが、若者の新聞離れが今では進行しているため、あまり折込広告を使った配布方法は効果を期待することが出来ない時代となりました。誰でもレジ袋は使用するものですし、紙のチラシがその中に封入されていたとしても、他の商品の妨げになるようなこともありません。

 

広くポスティングによるチラシ配布方法も使われていた手法なのですが、セキュリティの高峻マンションやアパートが最近では増えてきているため、ポストへ直接チラシを入れること自体が難しくなっています。